GOREIRO'S MEMO

ネット広告のアカウントプランナーだったり、プロデューサーだったり、時には印刷屋だったりな、営業マンです。ひまなときは海外のマーケブログや広告系ブログなどを読んで過ごしています。音楽は、J-POPから海外インディーズ、ヘヴィなやつまでひととおり聞きます。

Jul 24

三流大学の法学生だったころに事故にあった。

車に突っ込まれて1週間の意識不明の重体。俺がバイクで相手が車のノーブレーキ追突事故だ。
普通に新聞にも乗ったし、全国ニュースにはならなかったと思うけど、隣県ぐらいまでは報道された。
結論から言えば、相手の速度超過にカップルが乳繰り合っていてのよそ見が原因の事故だった。
ところが俺が意識不明の間に、そのカップルは俺が車の横から抜いて急にブレーキをかけたとか
証言していた。
もちろんそんな事実は存在しない。
しかし、警察側は目撃証言もそういう風になってるしと曖昧なことしか言ってくれない。

もちろん俺は猛抗議したけど、三流大学の法学生は基本的に馬鹿です。
法律なんて憲法が一番強いとかいう風にしか認識していないレベル。
俺は警察署からの帰り道に大学に行き、泣きながらゼミの教授に相談した。

この教授は、結構歳がいっている爺さんだったんだけど、すぐに緊急の法学教授会を開いてくれて、
様々な協力体制を作ってくれた。
ただし、アドバイスはするけど、これも勉強だからという理由でゼミの課題となり、
この事案をゼミ生で解決するようにという指示が…
幸いなことにゼミ生の皆は俺に協力してくれた。

実況見分調書などを取得して、事故現場を写真で撮ったり、目撃者探しをしたり、
警察・検察に何度も足を運んで再捜査の依頼書を書いたり…etc
その結果、目撃者は、運転手の友人の友人であったことが判明し、偽証罪ということで
全員逮捕(警察がちゃんと調べてくれた)
本当の目撃者はこちらで見つけ出して、本当に第三者であることを証明した。
さらには道沿いのマンションの防犯カメラから、俺のバイクが進行した後に
速度超過の車が通り過ぎる映像も警察が見つけ出してくれた。

その結果、相手は逮捕されて、悪質ということで交通刑務所行きになった。
散々相手の保険屋は、俺が悪いとか言っていたけど、手のひらを返したように全額支払い。
物損も市場価格をサーチして、一番高額なのを送ったらその額で支払ってくれた。

その後、相手の親や相手の彼女(こいつも逮捕。ただし不起訴)の親は、示談してくれと恫喝したり、
泣きついたりして来た。
その時に喫茶店で、教授と俺と俺の父も交えて話をしたんだが、
この時の教授の言葉が今でも忘れられない。
「親が子を庇いたくなるのは分かります。世間体とかもあるでしょう。
 しかし、子が間違いを犯したときに、それを身を切ってでも、親はそれを、叱り、注意し、
 防止策を教え、二度としないように約束させなくてはならないのです。
 ところが貴方のお子さんはそういう教育を受けておらず、間違いを認めず、隠そうとしました。
 それがとんでもなく大きな間違いであることを教育しなかったのは誰ですか?
 お子さんの今後の人生を心配しているようですが、俺君の人生はどうするのですか?
 貴方のお子さんの間違いが、一人の将来ある若者の人生を狂わせようとしているのです。
 まずは誰が悪いのかよく考えてから、俺君を尊重し、話し合いの場を設けるのが普通です。
 貴方のお子さんとよく話し合ってから、最初に何をすべきかを考えて下さい」

ところどころうろ覚えだけどこんな感じ。
本当にこの教授はすごいなと思った。

この親たちは何も言ってこなかった。

保険屋から約2千万の賠償金を受け取ったけど、今でも後遺症が残っている(走れないレベル)
それでも日常的に生活できるし、あの事故のことがきっかけで、
ゼミ生の3割が警察官という道に進んだ。
1人は時間はかかったけど弁護士になってバリバリ働いている。
俺も具体的な職は言えないけど、交通安全関係の仕事をしている。

今年で教授がお辞めになるということで思い出話にカキコ。

三流大学の法学生だったころに事故にあった - 続・妄想的日常 (via darylfranz)

(via yasaiitame)


“学生に「考えてきたか?」と尋ねると、「考えましたが、ちょっと良い案を思いつかなくて」と言う。「じゃあ、悪い案を幾つか見せなさい」と言うと、きょとんとした顔で、「いえ、悪い案も思いついていません」と言う。「考えましたが、まだ、ちょっとまとまらなくて」と言うから、「では、まとまらないものを見せて下さい」と言っても、たいてい見せてもらえない。
 こういうのは、僕の場合「考えた」とはいわないのである。
 「いろいろ考えてはいるんですけどね」と言い訳する人には、その「いろいろ考えたものを見せてくれ」と頼む。ところが、たいていは、せいぜいあっても1つしか案がない。1つの案しかないのに「いろいろ」なんて言うなよ、と思う。1つでは選べない。これでは何を考えていたのか、問いたくなる。”
MORI LOG ACADEMY: 本当に考えたの? (via jinon)
2007-12-19 (via gkojay) (via tobyluigi) (via error888) (via shinoddddd) (via nemoi) (via mnak) (via ipodstyle) (via yaruo, mayunezu) (via motomocomo) (via stepswhatwas)


“良い子の諸君!女性から見た男性のパターンは
・顔が良くて中身も良い
・顔は良いが中身が悪い
・顔が悪い
この3パターンしかないぞ!諦めろ!”
誠天調書: 夏の葬列 様、追加更新分をキャッシュから拾ってみました その2 (via gkojax) (via ssbt) (via hsmt) (via fukumatsu) (via makototz) (via ipodstyle) (via yaruolikes) (via nwashy) (via xlheads) (via andi-b) (via hsmt) (via shantihtown) (via tomato-s) (via shigesa)

“生産性についての至言「プレッシャーをかけられても思考は速くならない」は、この一行のために再読の価値がある。” コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる (via usaginobike)

(via yasaiitame)


“成功する人 / 失敗する人の16の違い

1. 変化を楽しむ / 変化を恐れる
2. 人の成功を望む / 人の失敗を願う
3. 喜びを表す / 怒りをまき散らす
4. 失敗した責任を認める / 失敗を人のせいにする
5. 自分のアイデアを話す / 人のことを話す
6.データや情報を共有する / データや情報を隠す
7. 成功したのはみんなのおかげ / 成功は全て自分の功績
8. 目標とそれを達成するプランを決めている / 目標を決めない
9. 自分の行動を記録する / 人には記録しろと言うが自分は記録しない
10. 毎日本を読む / 毎日テレビを見る
11. 様々な視点に立って動く / 狭い視野でしか動けない
12. 常に学んでいる / 新しい方法を学ぼうとしない
13. 人をほめる / 人を批判する
14. 人を許すことができる / 人を妬み、恨む
15. やりたいことを常に持ち続けている / 何をやりたいのかがわからない
16.常に感謝の心を持っている / 感謝の心を持たない
うまくいく人とうまくいかない人の16の違い : カラパイア (via nfukumoto)

(via tago3215)


コミュニケーション上手は、聞き上手である」

といったことがコミュニケーションの本なら必ず書いてある。


聞き手として、そのコミュニケーションを有意義な時間にするための秘訣がある。

プレゼンを聞きに行ったり、顧客に要件定義ヒアリングをしに行ったり

上司面談をしたり、部下の面談をしたり、どういうコミュニケーションでも共通する。


どんなものであっても、話の聞き手になったときは

絶対に質問をすることだ。

あなたが誰であっても、相手が誰であっても、問答無用。



質問をするためには聞きながら質問を考えること

「最後に、何か質問はありませんか?」

と聞かれてから考えては思いつかないものだ。


狙っている異性と、良い感じでおしゃべりしてるときは

話をしながら次の質問やフィードバックを考える。それと一緒。


講師をしていても思うんだけど、スピーカーは質問してくれた人のことしか覚えていない。


学芸会で緊張したとき、聴衆を「ジャガイモやカボチャだと思うんだ」と教わったけど、

質問しなかった人はスピーカーにとっては、緊張をほぐすときに思い込んだ、

ジャガイモとカボチャのまま終わる。


質問や共感で、フィードバックをしてあげることが、

話し手への敬意であるだけではなく、

質問者自身も有意義に時間を過ごすための秘訣なのだ。

よい聞き手になりたいなら、絶対に質問を考えながら話を聞くこと! - 山本大@クロノスの日記 (via petapeta) (via etecoo) (via gkojaz) (via gkojay)

おっさん水商売の店に行く理由

30を超えて、ようやっとなんでおっさん水商売の店に飲みに行くのかわかるようになってきた。

ここで言っている水商売ってのは、仲間同士でワイワイと2軒目に行くキャバのことじゃないぞ。

仕事終わって、一人でしっぽりと行く、地元スナックとか、パブに近い業態だ。

店で一番若い子がアラフォーくらいの店な。

地元おっさんなんかが入り浸っている、冴えない店だ。

20代のお前は、こんな店の存在理由がわからないだろう。

なんでババアの顔見ながらまずい酒飲まなきゃいけないんだ、って思っているだろう。

俺もそう思っていた。

でもな、お前も40になった時、多分あの店のカウンターで、真露のみながらカラオケ歌ってるぜ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20代のうちはさ、給料も全部小遣いだし、地元大学から友達もいるし、会社の同期とも仲良しだし・・・

女と飲みに行くのは容易かったよ、俺だって

でもさ、30の声が聞こえてくるあたりになると、嫁子供ができて、小遣いは減るし、女友達はみんな嫁に行って子供生んだりするし、転職して同期とも疎遠になったりするし・・・

飲みに行く女友達が一人、また一人と、減っていくんだよ。

おい、20代のお前、よく聞けよ。

今、回りにいるイイオンナ、そいつらはみんな、早晩売れていっちまうんだ。

もちろん、友達としての縁は続くよ。

でもさ、「今晩ちょっと飲んでいこうぜ!」なんて言う訳にはいかなくなっちまうんだ。

俺もそんな日が来るとは思っていなかった。

でも、確実に来る。

仕事で疲れて、ちょっと女の子とフワフワした無意味時間過ごしたいなーと思っても、電話できる相手がいないんだよ。

の子はもう1年も会ってないし、あの子子供が生まれて授乳中だし・・・

誰にも電話できねーんだ。

で、タメじゃなくて、会社若い子を誘ってみようと思ったとする。

お前が運良く標準以上のジュアルビで、清潔感が有り、仕事がそこそこできるなら、会社の年下の子も飲みに行くのに付き合ってくれるだろう。

若い子と飲みに行くのは楽しいよな。

さあ、お望みのフワフワした無意味時間・・・とはならない。

相手は、お前のことをそれなりの目上の人間だと認識して話しかけてくる。

お前も立場があるしな。

アホな姿晒すわけにはいかねーんだよ。

おまけに、自分より5-10若い子と行くんだ、笑笑に連れて行くわけにはいかねーし、会計も当然お前持ちだ。

カネがかかるんだよ、けっこうな。

田中泰延の大先輩いわく、「二十歳の男が、二十歳の女の子と付き合うには、財布に1万円入っていればいい。三十歳の男が二十歳の女の子と付き合うには、財布に10万円入ってないと恥ずかしい。四十歳なら100万円、五十歳なら1000万円、六十歳なら1億円、財布に入ってないと恥ずかしい」

これは真実だ。

だけど、お前には嫁さんと小さな子供がいて、小遣いが月4万円だったりするんだよ、昼飯代込みで。

10万なんて大金、財布に入ってねーんだ。

若い子と、ちょっといい店に1回飲みに行ったら、次の給料日まで昼飯はコンビニおにぎりか立ち食いそばになる。

それに気づいているから、会社若い子には声がかけられないんだよ。

家に帰って嫁さんと話すればいいじゃんって思っただろ?お前。

青いな。

青すぎる。

空より蒼い。

藍より青し

嫁さんがちゃんと話し聞いてくれりゃーこんなに悩んでねーんだよ。

俺も結婚した時は、「これでソープなんかに一生行かないで済むわwww無料風俗GET!!!」とか思ったよ。

でもな、現実はそんなに甘くねーんだ、これが。

育児につかれた嫁さんは、家に帰るとグーグー寝てる。

朝は朝で、子供幼稚園の準備やら何やらで忙しい。

たま~に休みの日の夜なんかに、運良く二人の時間がとれたとしても、「幼稚園ママ友が…」とか「マンションゴミ出しが…」なんていう、向こうの愚痴を聞く時間だ。

こちらの話など聞いてもらう時間はない。

当然、セックスなど子供が生まれてから一度もしてない。


これが現実だ。

繰り返す、これが現実なんだよ。

30代の入り口の時点でこれだ。

40代になった時なんて、もう目も当てらんねーよ。

今の俺の現状に加え、子供の進学・親の介護中間管理職糖尿病デブハゲ加齢臭なんて奴らが、俺から時間と金と魅力を奪い、女を遠ざける。

もう生きる希望もねーよ。

そんなお前に、唯一手を差し伸べてくれるメシアがいる。

スナックのおねーちゃんだ。

多少トウが立っていようが、ちょっとふくよかであろうが、そんなの関係ねーよ。

いつでもニコニコしながら、俺達にフワフワした無意味時間を与えてくれる天使だ。

こっちの愚痴に、全肯定の姿勢で答えてくれる女神だ。

2時間喋って飲んで柿ピー食べてちょっとカラオケ歌って4000円だ。

月3回は行ける。

なんて素敵な場所なんだ。

今はまだ、かろうじてスナックには通っていないが、40歳の俺は、間違いなくスナックに通っているだろう。

安っぽい柿色のカウンターで、チーズおかき齧りながら、みゆきちゃん(39歳:バツイチ)に、グダグダ会社での出来事を愚痴っているんだろう。

あゝ、なんて素敵な未来

おっさんが水商売の店に行く理由 (via garance510)

この文章大好き

(via cole107)

(via quote-over100notes-jp)


Jul 22

“「ベストとワーストの案を考え、ベストの案を捨て、ワーストの案を実現可能な案に落とし込む」という発想法は初めて知りました。これは面白い方法です。経験談ですが、ベストな案を考えようしても、なかなか思いつきません。一方、ワーストな案なら比較的楽に思いつけます。メチャクチャな案でもいいのだから。” 20歳のときに知っておきたかったこと - present (via realtime24)

(via ankoro7)


(via abgk)


“最近なんかダルいわ…という人が「いつも疲れている」理由はこの9つ

■1:運動不足

■2:水を飲まない

■3:鉄分が足りない

■4:完璧主義者である

■5:朝食を抜く

■6:ジャンクフードの食べすぎ

■7:“NO”と言えない

■8:休暇中も仕事

■9:寝る前にアルコールを飲む”
「いつも疲れてる人」理由はこの9つ:ワロタニッキ (via hevimeta)

(via yasaiitame)


Page 1 of 266